2016年10月12日

3年前

最近、乳癌闘病中の小林麻央さんのブログを拝見させていただいています。
9月15日(木)更新された 『がんばる がんばらない』には、

病気になってから『がんばらなくてよいよ』って言われることが増えたことにふれ、
自分では、もっともっとがんばりたいし、やりたい、と思ったりもするが、
できない現実があったりもする。という素直な心(kokoro)を載せてみえます。
そして、そのブロクを締めくくっている文章は、
がんばれっていう優しさも
がんばらなくていいよという優しさも
両方学んだ。


その言葉に3年前の自分を思い出しました。
私も ”癌” 経験者!その時、子どもは2歳、4歳、10歳。
手術→抗がん剤という治療の中で、
『がんばれ!』という言葉に何度、反発心をもったか、
『頑張らなくてもいいからね!』という言葉を無責任に感じたか、
心も病気になるところだった時期です。

そんな時に、知ってか知らずか(間違いなく知りません)
『がんばって!』 って伝えてきたのが、
娘2人でした。不思議ですね!
でも、その言葉は素直に聞く事が出来たのです。
075040
そして、『がんばれ!』『頑張らなくてもいいからね!』
という優しい言葉をプレゼントしてくれる人に
とても気を使わしていた自分がいたことに気付いた瞬間でもありました。

いまだに、病気になって良かったと思うことはけしてありません。
でも、マイナスだけではなかったとも思います。
それこそ、
がんばれっていう優しさも
がんばらなくていいよという優しさも
両方学んだ。

からかもしれませんね!

枕ちゃんでしたm(__)mペコリ


まくちゃん

会社・サービス・商品の魅力を2割増しで発信しましょう!
ホームページ制作会社KHデザイン »

カテゴリ:枕ちゃんのコラム|日時:2016年10月12日15:02|コメント(0)

【1つ過去の記事OLD】 »

【1つ未来の記事NEW】 »

コメント/トラックバック (0件)

【トラックバック用URL】

この記事のコメント・トラックバックのRSS »

まだコメントはありません。

コメントする




※管理人のみ公開されます。


使用できるXHTMLタグ:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

サイト内検索

2023年1月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Copyright © KH.Design All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】